FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2008/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
カフェインの人体への影響については多くの珈琲ファンが興味を持っていることと思います。妊娠中や、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の方が珈琲の飲用に注意しなければならないことは有名です。もちろんお医者さんの言うことは守らなけばなりませんが、健康な方が必要以上にカフェインを警戒するのはどうなんでしょう。
 カフェインには優れた効用がいくつもあります。例えば利尿作用。カフェインには腎臓や肝臓を活発にする働きがありますので、お酒を飲んだ跡に珈琲を飲めば、アルコールは対外に排出されて二日酔いになりにくいことが知らされています。
 また、覚醒作用も有名です。珈琲の飲用により、眠気が覚め、知的作業能力や運動能力が向上することを感じている方は多いのではないでしょうか。
 カフェインに限定した話ではなく、珈琲の人体への影響は昔から多くの議論がなされてきました。その中には全く根拠のないデマも数多くありました。例えば、珈琲を飲むと肌が黒くなるという説。「そんなバカな!」と思われる方も多いでしょうが、17~18世紀のヨーロッパの女性たちは大いに動揺させられたそうです。この説が真実か否かは北欧の人々を見ればわかるでしょう。国民一人当たりの珈琲消費量ランキングでは北欧諸国がトップを独占しています。彼ら彼女らの肌は珈琲どころかミルクのように真っ白ですね。
スポンサーサイト