FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2009/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
Q11 コーヒーの苦みの正体は何ですか?
Q17 コーヒーの風味は時間とともに変わりますか? 風味を保つこつはありますか?
Q19 コーヒーをミネラルウォーターで淹れるとおいしくなりますか?
Q34 澄んだコーヒーはおいしさの証なのでしょうか?
Q66 焙煎した豆の表面に油が浮いています。何が原因ですか?
Q71 ブレンドはアフターミックスの方がおいしくなりますか?
Q87 コーヒーは昔ながらの品種の方がおいしいのですか?

「コーヒーの味を決めるのは、生豆の品質が7割、焙煎が2割、ドリップが1割などとよく言われますが、実際には生豆の品質がもっとずっと大きな比率を占めるのではないでしょうか。これは今でも毎日、焙煎、ブレンド、抽出の作業を日常的におこなっていることで得た個人的な感触ですが」
石脇さんはそうおっしゃいます。私たち消費者としては、クオリティの高い生豆を仕入れて焙煎しているお店を見極める必要がありそうですが、それはなかなか困難なことですね?
「最初からあまり難しく考える必要はないですよ。コーヒーの基本は、まず楽しむこと」と、穏やかで優しい口調の石脇さん。
「知っておいてほしいのは、とにかくコーヒーは豆で購入するのが大切ということ」
これだけコーヒーへの関心が高まりつつあるのに、一般に販売されているコーヒーの7割はまだ粉製品だと石脇さんは残念がります。
「コーヒーをおいしく淹れる一番のコツは挽きたての豆を使うことなのですが、消費者にはまだまだそれが知られていないようです」
この言葉を学生時代の私に聞かせてあげたい!と心底思いました。なにしろ当時はまったくの知識不足でしたから、どうして先週は確かに良い香りがしたはずの粉が、今週は香りも風味も抜けた味気ない粉に変わってしまったのだろうと首をかしげるばかりだったのです。
コーヒーは豆を挽いた瞬間から劣化していくもの。コーヒーを粉で買うことは、じつは殻を割った生卵を買うようなものだと、あのころわかっていたら!
さて、粉生活から豆生活へとシフトするためには、コーヒー豆を適切に挽ける良質のミルを購入することが必要になります。
スポンサーサイト