FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2009/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早速のお手配ありがとうございました。

オリジナルブレンド・ブルマンブレンド共にとても香りが良くおいしく頂きました。
個人的には深煎りで苦味が強めのコーヒーの方が好きなので、今度はイタリ
アンブレンドを飲んでみたいなと思いました。
私は北九州に住んでいるので、直接購入しようとモニターの申し込みをする前
に店に行ってみたのですが、シャッターが閉まっていました。店頭販売はしてい
ないのですか?もし店頭購入可能ならば今度お伺いしたいと思います。

今回は本当においしいブレンドコーヒーをありがとうございました。
スポンサーサイト
先日は、モニターのコーヒーを送っていただきましてありがとうございました。

これは絶対に週末 (仕事がお休みなので) に、のんびり落ち着いて、
試飲させていただこうと、勝手に決めまして、土日にそれぞれいただきました。

送っていただいた日から、私の部屋は袋から香ってくるコーヒーの香りがものすごくて、週末まで待つのもなかなか大変でしたよ(笑)


さて、私は、喫茶店でいただくコーヒーは大体、ブラックでいただきます。
インスタントはミルクと砂糖を入れないと飲めませんが。


まず先に、オリジナルブレンドをいただきました。
いい香りにまず満足しまして、一口目。
最初に酸味を感じました。決して嫌な感じではありませんでしたが。
私は苦味より酸味を感じました。
でもそれが、だんだんと気になり始めて。。。

ミルクを入れていただくと、あまり気にならなくなりました。
女性の方で、酸味を感じすぎる気がする方は、ミルクを入れていただくと、飲みやすいのかなと思いました。
皆さん、それぞれ好みがありますので、一概には言えませんが。




次に、ブルーマウンテンブレンドコーヒーをいただきました。
こちらの方が私の好みでした。
酸味や渋みはまったく気になりませんでした。

ブラックでいただきました。ほどよい苦味で、ちょうどおやつの時間だったので、
クッキーを食べながら飲ませていただきました。
うちの母も、こちらのほうがおいしいとの感想でした。
こちらは女性にも飲みやすいコーヒーだと思います。

ちなみに我が家の男性人にも、ブルーマウンテンブレンドの方が好評でした。
味覚が似ているのでしょうかね。


普段、どちらかというと紅茶をいただくことが多いのですが、こうやって家で飲み比べてみると、違いますね。

明日、職場の方々にも飲んでいただこうかと思ったりしています。
が、なかなかこの時期、仕事が忙しくて、みなさんの感想まで聞けるかどうかわかりませんが。。。

後日、私のブログにも記事をUPさせていただくつもりですので、またできましたら、
ご報告させていただきますね。




すみません。文章力がなくて、うまく伝えられなかったのですが、大丈夫でしょうか。
ご近所でしたら、ぜひブルーマウンテンをおいしく淹れていただいて、お店で
いただきたかったです。

つかの間、我が家がコーヒーの素敵な香りに包まれて、幸せな気分になりました。
本当にいい経験をさせていただきましてありがとうございました。

北九州方面に行く際には必ず寄らせていただきます。
またおいしいコーヒーが飲みたくなりましたら、通販でお願いすると思います。
ブルーマウンテン、よろしくお願いしますね。
スペシャルな舌の持ち主は、英コーヒーチェーン、コスタコーヒーの主任コーヒー鑑定人、ジェナーロ・ペリッシアさん(34)。

 彼は日々、ロンドンの工場で出荷される前の生コーヒー豆のサンプルを味見、その質を選別しているのだ。

 「僕の専門的な職業において、味覚は非常に重要。18年の経験で、この舌で、何千もの味を区別することができるんだ。どんな欠陥でも、見分けるよ」とテイスティンGOO~!っと、周囲をもうならせている。

 コスタコーヒーは年間、世界中で1億800万杯のコーヒーを販売。世界的な不況の影響で、ライバルの米スターバックスなどが苦戦している中、コスタは売り上げ倍増をもくろみ、積極的な経営を行っている。

 その原動力のひとつがペリッシアさんの神業級の“舌技”で、会社側も破格の保険をかけたというわけだ。13億円を超える巨額保険契約を仲介した会社の広報担当は「個人にかけた保険としては最高額のひとつ」と明言。「彼の舌は歌手の声帯や、トップモデルの脚と同様に重要。コスタブランドにとって、彼の舌が、どれほどの価値があるかを示している」と指摘した。

 保険は、ペリッシアさんの舌の感覚にかけられたもので、病気などの理由で鋭い味覚を失った場合に会社側に保険金が支払われる。

 全英の注目を浴びるペリッシアさんは、「僕の舌のおかげで、コーヒーの質が守られているんだよ」と自信満々に話している。

先日は、近くと言うことで
直接コーヒー豆を届けていただきありがとうございました。

今回、オリジナルブレンドとブルマンブレンドをいただきましたので、
その感想です。

オリジナルブレンドは、
香りは非常に良いです。
味は酸味と苦みそれぞれの個性が強い感じがしました。
ドーナッツドリッパーを使ったので、
入れるのに時間をかけすぎたのかもしれません。

気になったので、V60を使って、
3杯分を3分で入れたのですが、
今度は、苦みがなくなり酸味が少し強すぎる気がしました。
ただ、全体のバランスはこっちの方が良かったです。

一方、ブルマンブレンドは、
ドーナッツドリッパー、V60どちらで入れても、
香り、酸味、苦みバランスが非常に良かったです。
特に、ドーナッツドリッパーで入れた時は、
こくが出て本当においしかったです。

会社の同僚もブルマンブレンドは、
とてもおいしかったと喜んでいました。

ソルトコーヒーさんの豆を使っている喫茶店が近くにありますので、
参考に寄ってみたいと思います。
綺麗な満月ですね!
ですから、本日は、貝ほりに行ってきました、貝はマテ貝です、穴を見っけて、塩をその穴にほおりこむと、満潮と間違って、出てくるのを捕らえるのです、2時間半ほどほりましたが、50本ほどでした
明日はそれを、酒蒸しにして美味しくいただきます。

皆さんも、時には貝ほりもいいものですよ!!
3月に入って、久しぶりの焙煎です。朝5時半から、3時間ほど焼きました。
もうそろそろ、春焙煎に変えないといけないかもしれませんね。コーヒーの釜に入れる、生豆の分量が減ってきます。
美味しいコーヒーを飲んでいただくため、がんばっていきます。
コーヒーの泡が告げる商売繁盛
コーヒーを注いだときにできる泡はラッキーの象徴とされていました。
「泡の浮いたカップにあたった人は金運に恵まれる」
「飲もうとしたときに泡がよってくるのは商売繁盛のしるし」
「泡が遠ざかると運気も下降気味」なのだとか。
 
歓迎したい幸運のバブルですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。