ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2011/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーヒーについて、色々と知りたいこと、なんでも相談にのろうと思っています。
当方も、わからないことも多いと思いますが、勉強していきますので。どしどし質問してください。
スポンサーサイト
エスプレッソ・マシーンを開発したのはイタリアではなく自国だと主張する国があります。フランスとイギリスです。
 フランスの主張によれば、世界初のエスプレッソ・マシーンは1822年にベルナーラ・ラボーが開発したもの。イギリスの主張は、1841年にウォード・アンドリュースが開発したマシーンが世界初であるというのです。
 様々な意見がありますが、いずれの国の主張も、現代の洗練されたエスプレッソ・マシンを考えた場合には、元祖とは認められない代物であったようです。
 一方、イタリアでは1901年にルイージ・ベッツェラが一回に一人分の珈琲を抽出するマシーンを作ったことを先駆けに、1948年にはアキーレ・ガッジャがピストンの仕組みを取り入れたマシーンを作ることに成功しました。これこそが今日のエスプレッソ・マシーンへと通ずる大発明となったのです。
 元祖と呼べるマシーンを開発した国がどこかは意見が分かれるところですが、私達が毎日美味しいエスプレッソを飲むことが出来るのは、やはりイタリア人のおかげと言って間違いないでしょう。

この度はモニターコーヒーに選んでいただき有り難うございました
お返事大変遅くなってしまい申し訳ありません。

今回ブルーマウンテンブレンドとビーベリーブレンドの二種送っていただきました。
送って頂いた時の香りが本当にいいですね

2歳と0歳の二人の子供がいてますので
日中自分のお昼ご飯も食べる間がなかったりする毎日ですが
コーヒーは大好きで、でも普段はインスタントばかりなんです。

ブルーマウンテンは好きな味ですのでマッタリした口当たりと適度な苦味が
とっても美味しいな~と思いました。
初めて頂くビーベリーブレンド、大豆で言う丸大豆とのことで希少価値のあるコーヒー

すこし構えていただきましたが口当たりが優しくて、
飲んだ後の口の中がなんともすっきり。
これ、好みです!
飲んだ後の嫌な感じが全く無いんです。
飲んですぐ子供と顔を近づけても嫌な顔されませんでした。

今回もなかなかゆっくり座って飲む時間は持てず
ながら淹れ、ながら立ち飲みスタイルでしたが
やっぱり美味しい、
どうせ飲むなら一から淹れて美味しく飲める方がいいな~
それ位の贅沢感、味わっても良いよね~~と思いました。

次回は水点てにもチャレンジしてみます。

この度は美味しいコーヒー本当に有り難うございました。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。