ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2014/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014020212440000.jpg
スポンサーサイト
暑くなると、アイスコーヒーが特に飲みたくなる。日本では様々なコーヒーチェーンで見かけるアイスコーヒーだが、実は海外でも同様……ではないようなのだ。今回は、海外のアイスコーヒー事情について島根県松江市のカフェ「CAFFE VITA」オーナーである門脇裕二さんに解説していただく。

○海外では珍しいアイスコーヒー

実は海外ではアイスコーヒーはメジャーな存在ではありません。コーヒーチェーンの影響で、昔に比べると海外でも飲まれるようになっては来ましたが、マイナーな存在です。

その理由についてお話しましょう。日本のアイスコーヒーの文化は大正時代に始まったとされています。日本では昔からすしや刺身といった生食文化が根付いているため、火にかけずに出すアイスコーヒーも抵抗はなかったのでしょう。

一方海外では、生食文化はメジャーではありません。そういった意味からも、コーヒーを冷やすといった発想自体がなかったようです。

そんな特殊なアイスコーヒー事情ですが、私がたまたまイタリア・ローマで飲んだアイスコーヒーはなかなか印象的でした。元々ドリップコーヒーの文化が無いため、エスプレッソに大量の砂糖を入れ、甘いとしかいえないようなアイスコーヒーとなっていました。

最近では、サードウェーブの影響からか、アメリカでも質にこだわったアイスコーヒーが出始めました。アメリカに行った際は試してみるといいかもしれません。ちなみにアイスコーヒーは、イタリアでは「アメリカーノフレッド」、アメリカなら「コールドブリューイング」と言うと伝わりやすいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。