FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2019/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
世の中には自らコーヒー通と名乗る人々がいます。そのような方の多くが「コーヒーはブラックで飲むに限る」とおっしゃられるようですが、真実でしょうか?
 確かにブラックで飲むことで、コーヒーは本来の味わいを追求することが出来ます。
プロのテイスティングにおいては、砂糖を入れることはありません。しかしコーヒーを楽しもうとするときに、あまり堅苦しい考え方をする必要はないとおもいます。
ここでコーヒーの本場に生きる人々がどのような飲み方をしていつのかをご紹介しましょう。まず世界一のコーヒー生産国ブラジルで日常的に飲まれているのは、
”カフェ・ジーニョ”と呼ばれる深炒りのコーヒーに砂糖をたっぷりと入れとものです。
続いてコロンビアの人々は”ティント”という湯の中に黒砂糖とコーヒー粉を溶かしたものを飲んでいます。
コーヒーと砂糖は世界中どこでも恋人のようにくっついて離れないでいるようですね。
さて、その砂糖ですが、コーヒーに最も合うのはクセのないグラニュー糖だと言われています。
しかし人の好みは十人十いろ。三温糖や和三盆、氷砂糖など個性派の砂糖も試して、
自分好みの味を見つけて見てはいかがでしょうか。
真のコーヒー通とはそんな楽しみ方が出来る人なのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saltcoffee.blog87.fc2.com/tb.php/184-dd6a0f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック