FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2019/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
インドネシアは赤道下に広がる大小1万以上の島々から構成されています。アジア屈指の珈琲生産国ながら,意外なことに珈琲の栽培が行われている島は、スマトラ島、スラウェシ島、ジャワ島など数えるほどだそうです。そのスマトラ島で栽培される高級銘柄がマンデリン。大粒のアラビカ種で芳醇な香りと豊かなコクが特徴的ですが、それ以上にこの豆のすばらしい苦味を持つ珈琲として、その名を世界に知らしめています。
 珈琲好きもタイプは様々ですが、「珈琲は苦味が命」とお考えの方は深煎りのマンデリンをストレートで飲み、力強い苦味を心ゆくまで楽しみましょう。では“苦味の強い珈琲はちょっと・・・・”と思いの方はマンデリンを避けたほうが良いのかと言えば、それはそうではありません。ぜひともマンデリンをブレンドに使ってみてください。
 例えば酸味の珈琲として有名なモカ・マタリにマンデリンを加えることで、モカ特有の酸味がその持ち味を殺されることなく、一層柔らかく上品に感じられるようになります。
ブレンドの基本は異質の個性を持つ豆同士を合わせ、味わいの調和を図ること。強い苦味が苦手な方は、酸味の引き立て役として苦味利用すればいいのです。
 苦味の全くない珈琲は珈琲ではありません。その意味ではやはり「珈琲は苦味が命」なのです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saltcoffee.blog87.fc2.com/tb.php/19-e538cb02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック