FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2019/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
現在では世界数十カ国から珈琲を輸入している日本ですが、かつては輸入量ゼロのコーヒー暗黒時代がありました。原因は太平洋戦争です。昭和16年の開戦から輸入量は激減し、とうとう19年にはゼロへと至ったのです。
当時,珈琲は敵国の飲み物であり、それを飲む人間は非国民と扱われました。しかし珈琲の美味しさを一度知ってしまった人達は我慢が出来なかったのでしょう。
珈琲にいくらかでも近い苦味や香りを追い求めて、様々な試行錯誤を繰り返しました。それが代用コーヒーです。
 チコリはフランスの代表的な代用コーヒーですが、日本では百合やタンポポの根、カボチャの種、サツマイモの屑、更にはドングリの実までを代用コーヒーにしていました。
真っ黒に焦がしたこれらの材料をお湯に溶かして珈琲に似た色や苦味を味合う・・・・。
戦後、アメリカ軍が所有していた珈琲が日本政府に引き渡されると、その放出珈琲をめぐって激しい争奪戦繰り広げられたそうです。一刻も早く本物の珈琲を飲みたくて仕方がない人が大勢いたのです。結局、珈琲豆の輸入が再開されたのは昭和25年になってからでした。
コーヒー暗黒時代が二度と訪れないように、私たち一人一人が世界の平和を考えていきたいものです。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saltcoffee.blog87.fc2.com/tb.php/199-ba6874d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック