FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2019/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
「コーヒーは健康にいい」という研究報告が続いている。なかでも女性にうれしいのは、

コーヒーを積極的に飲むことで紫外線によるシミを予防できる可能性があること。

コーヒーの働きを理解して、もっと“キレイ”に役立てよう!


 糖尿病予防、肝臓がんリスクを下げるなど、大規模調査によって健康効果が明らかになってきたコーヒー。コーヒーの効能に詳しい東京薬科大学の岡希太郎名誉教授は、「世界的な研究によって、コーヒーが病気を予防し、健康に寄与するという話の信頼性がますます高まってきた」と話す。

 特に女性にとって朗報なのが「シミを予防する」働き。コーヒーとシミ、というとなかなかイメージが結びつきにくいが、効果のもとはコーヒーに豊富に含まれるポリフェノールの「クロロゲン酸類」にあるようだ。

 女性を対象に、コーヒーの飲用量と肌状態の解析を行ったお茶の水女子大学大学院の近藤和雄教授は、「コーヒーを1日2杯以上飲む人は紫外線によるシミが少ない」ことを確認した(下グラフ)。また、近藤教授らが首都圏の主婦を対象に食事全体からのポリフェノール量を調査したところ、「47%と、最も摂取が多かったのがコーヒーからのポリフェノールだった。







 コーヒーに含まれるクロロゲン酸類には強い抗酸化力が期待される」と話す(上グラフ)。

 では、コーヒーを積極的に飲むとなぜシミが少なくなるのだろう?
 その理由について、紫外線による皮膚の老化(光老化)を研究する神戸大学の市橋正光名誉教授は、「表皮のケラチノサイトから、色素を作り出すメラノサイトに、『メラニン色素を作れ』と命令するルート、さらに、色素細胞が作ったメラニンの詰まった袋(メラノソーム)が色素細胞からケラチノサイトに受け渡されるルートの二つを、クロロゲン酸類がブロックすることで、シミが抑えられている可能性が高い」と説明する。

 シミ、シワ、たるみを引き起こす原因となる活性酸素は、紫外線のほか、精神的ストレスによっても増える。「活性酸素は老化を加速させるもと。日差しが強くなるこれからの季節は、サンスクリーン剤などで外側からの守りを固める一方で、コーヒーなど抗酸化作用のあるものを体内に入れ、内側からの守りを固めることも重要だ」と市橋名誉教授はアドバイスする。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saltcoffee.blog87.fc2.com/tb.php/223-8e80b5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック