FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2019/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
 コーヒーメーカー各社は12月中旬に開催された「エコプロダクツ2008」に積極的に参加した。同展示会は環境問題に対して多彩なスタイルでのエコライフの実現を考えることを目的とするもので、今年で10年目を迎える日本最大級の環境展示会。多くの食品メーカーが参加することでも知られているが、UCC上島珈琲やネスレ日本、キーコーヒーなど大手コーヒーメーカー各社も独自の視点でのエコ活動を展示・紹介した。
 UCC上島珈琲は「UCC珈琲は自然環境保護のグッドパートナー」をテーマに、直営コーヒー農園における環境保全に配慮した農法を紹介した。環境保護団体「レインフォレストアライアンス」の認証コーヒー、有機栽培コーヒーなど環境に配慮した展開商品を展示した。外観もコーヒーが生育する自然環境をイメージしてブースに本物のコーヒーの木の実を展示し、ステージイベントとして環境セミナーやクイズ大会なども開催した。
 ネスレ日本は地球温暖化に続く問題として世界的な砂漠化に着目、「水から始める“Good Life、Good Food”」をテーマに持続性のある環境への取組みを紹介した。水摂取量の削減や農業への技術支援、製品のライフサイクルアセスメントなど独自の視点での展示を行い、水の使用量・二酸化炭素の削減を提案した。
 キーコーヒーは同展内の「インドネシア流エコスタイル展」でブース出展を行い、環境に調和したインドネシアの文化や生活のあり方を「スロー&エコロジーライフ」として紹介した。
中でも地元住民や自然環境との共生で栽培している「トアルコ トラジャ」は注目を集め、事業の沿革や近況をパネルで紹介したほか、ドリンクサービスも行った。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saltcoffee.blog87.fc2.com/tb.php/49-d60de2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック