FC2ブログ

ソルトコーヒーブログ

コーヒーに関することの豆知識や日記など書いていきます。

2018/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
】寝る前にコーヒーを飲むと、予定の就寝時間に眠りにつくのが難しくなり、朝起きるのがさらに辛くなるのは、カフェインによって体内時計が乱されるからだとする研究結果が16日、発表された。

1日のカフェインはエスプレッソ4杯分まで、EU

 米研究チームが米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)」に発表した研究については、カフェインを含む飲料を夜に飲むことで就寝と起床が遅くなる理由を説明するだけでなく、将来的には、時差ぼけの影響を抑える目的でカフェインを使用するのに適したタイミングについてのヒントをたらす可能性もある。

 研究は、被験者5人を対象に行われ、それぞれに、就寝3時間前にダブル・エスプレッソの含有量に相当するカフェインを摂取させる、明るい光にさらす、プラセボ(偽薬)を与えるといったタスクを無作為で与えた。

 被験者をさまざまな条件下に置いて調査するこの実験は49日間にわたり実施された。その間、被験者の唾液を定期的に検査し、睡眠と覚醒の周期を自然に調節するホルモン「メラトニン」の濃度を調べた。

 論文によると、低光量の条件下でカフェインを摂取させた被験者は、約「40分間のメラトニン概日(24時間周期)のリズムの位相後退(遅い時間へのずれ)」を経験したことが、今回の実験で分かったという。

 他方、就寝3時間前に明るい天井照明にさらされた被験者では、体内時計に85分間の遅れ、またカフェイン摂取と明るい光の両方の条件下に置かれた被験者は、体内時計に105分間の乱れが生じた。

 米コロラド大学ボルダー校(University of Colorado at Boulder)のケネス・ライト(Kenneth Wright)教授は「世界で最も広く使われている向精神薬のカフェインが、人間の体内時計に影響を与えることを示したのは、今回の研究が初めてだ」と語り、また「この研究は、カフェインが人間の生理機能に及ぼす影響に関する最新の興味深い知見をもたらすものだ」と続けた。

 今回の研究結果は、寝る前のカフェイン摂取は避けるようにとの一般的なアドバイスの説得力を高める一方で、カフェイン適切な使用が時差ぼけを回避するために体内時計をリセットする一助となり得る「興味深い」可能性を秘めたものと論文は述べている。

 だが、日付変更線を横断する旅行者が眠らずに活動を続けるための、カフェインの最も効果的な利用方法を決定するには、さらなる研究を重ねる必要がある。「このような条件下でカフェインが誘発する睡眠の乱れについては、時差ぼけを悪化させる恐れがあり、経過の観察が重要になる」と論文は指摘している。
とてもおいしく頂きました。
全体的に焙煎も綺麗で良かったですが
もう少し深くてしてほしかったです。
それと酸味が物足りなかったような気もします。
仕事中にコーヒーや紅茶を飲む人は多いのでは? 一息つくときはもちろん、食事やデザートにも合いますよね。両方とも代表的な飲み物ですが、コーヒー党と紅茶党、どちらが多いのでしょうか? 働く女性たちにリサーチしてみました!

【61.5%が支持! 「頭脳明晰」VS「運動神経抜群」、男として魅力的なのは?】

Q.コーヒーと紅茶、どちらが好きですか?

コーヒー……109人(49.8%)

紅茶……110人(50.2%)

見事、半々にわかれました。それぞれのコメントを見てみましょう。

<私たちはコーヒー派!>

■癒されたり、リフレッシュできたり ・「眠気ざましになるから。最近はコーヒーの苦みがいいと思うようになった」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「コーヒーを飲むと頭がさえる気がします」(22歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「紅茶は歯に着色しやすいから、コーヒーが好き」(30歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「飲むとリラックスするから」(33歳/医療・福祉/専門職)

深いコクを堪能できる上に、頭がスッキリしたりもするコーヒー。多面的な魅力に富んだ飲み物ですね。

■自分の嗜好に合う ・「缶コーヒー族です! 毎日会社で2本は飲んでいます。コンビニのセルフコーヒーや、シアトル系カフェのオシャレコーヒーではダメ! 185グラムの、あの庶民的な感じがよいのです!」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「コーヒーは淹れ方がうまいのとヘタなので全然味が変わるから、淹れがいがある」(33歳/金融・証券/専門職)

・「甘いお菓子と一緒に飲むコーヒーが至福のとき。コーヒーの深みある匂いも大好き」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

かすかな苦みや酸味、コクなどバランスのとれた質の高いコーヒーは本当においしい! 大人になればなるほど、わかる味のような気もします。

<紅茶派の主張>

■香り高い紅茶がなにより大好き! ・「紅茶を飲むと落ち着けるところがよいです。体の中から温まる感じがします」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「すごく香り高いですし、利尿作用もあり、健康によいです」(30歳/その他)

・「いろいろな味があるから。飲むとホッとする飲み物だから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「さめてもおいしいから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

やさしい風味でいつ飲んでもおいしい紅茶。茶葉の種類をそろえやすいのもうれしいですね。

■紅茶のほうが飲みやすい ・「コーヒーは苦いし歯石がつくから飲みません」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「コーヒーはおいしいけれど胃に悪いです」(23歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「コーヒーは一杯で十分だけど、紅茶は2、3杯飲める」(33歳/その他)

健康や美容面への影響を考えて、紅茶を選ぶ人も。ミルクと砂糖なしのストレートティーなら、さらに体によさそう。

コーヒーや紅茶を飲むほんのひとときの時間が、疲れた心身を癒してくれることでしょう。手軽に好きな飲み物を飲める時代ですが、自分好みのカフェタイムにこだわるなら、マシンなど本格的な道具を家にそろえてもよさそう。毎日、最高の一杯を飲む幸せを満喫できます。
最近ではコーヒーの「ダイエット効果」にも注目が集まり、トクホ(特定保健用食品)として脂肪燃焼効果を謳うコーヒー飲料も発売されている。京都大学の研究グループが行なったマウス実験では、コーヒーを投与したグループのマウスに体重減少が確認されている。

 ダイエット効果はカフェインとクロロゲン酸の両方の働きによるものだと管理栄養士・安中千絵氏は解説する。

「体脂肪を燃やすには、まず脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解しなければなりませんが、この分解を行なうのがリパーゼという膵臓でつくられる酵素です。カフェインにはリパーゼを活性化する働きがあるほか、脂肪を燃焼して熱に変える褐色脂肪細胞を活発にする働きもあります。

 また、体内で分解された脂肪酸はミトコンドリアで燃焼され、エネルギーに変えられるが、クロロゲン酸には脂肪酸のミトコンドリアへの取り込みを促進する作用があります」

 トクホのコーヒー飲料もクロロゲン酸の含有量を増やしている。ただし、コーヒーを飲んだからすぐに痩せるわけではない。

「疫学調査の結果をみていると、『長年続けていれば、飲まない人に比べると変わってくる』という程度で、即効性は期待できません」(同前)

 ちなみに「コーヒーは食後」のイメージが強いが、ダイエット効果を考えるなら食前に飲むほうがいいと岡希太郎・東京薬科大学名誉教授はいう。

「クロロゲン酸は糖分の吸収を遅くする作用も持ちますが、それは消化酵素による吸収を阻害するから。食前に飲まなければその効果は期待できません」

 単純に食事の前にコーヒーを飲むことで空腹感が緩和される面もある。
本日、10月6日熊本県の産山村花の温泉館にある、食堂を兼ねた物産館で、100円のセルフコーヒーを何気なく飲みました。
妻を伴い、気ままなドライブで、なかなか味わえないおいしいコーヒーに巡り合い、びっくりしました。100円の紙カップのコーヒー
いつものように、まあいいかという気持ちで、飲んだところびっくり?本当に100円でいいの?
 定年半年前の驚きです。私は、コーヒー好きですがツウではありません。ただ気に入ったコーヒーになかなか巡り合わなくて、大分
のお店まで、往復300キロ走ること数年です。冬場は、アイスバーンが苦手で、苦慮していました。
 本日店主に100グラム豆を販売して頂き、さっそく自宅で豆を挽き、いれたところ、やっぱり雑味が少なく、おいしかったです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。